『そよ風』 は花の大好きなメンバーによるボランティアグループです。  
HP「そよ風」の活動状況と豊岡市但東町資母地区の今を発信しています。 
 
ホーム あいさつ 活 動 地区情報 アクセス
         

☆活動目的
   たんとう花公園を核として、四季の花・地域の花のイベントを通して少しでも地域に貢献す
 ることを目的と しています。


   
          ☆平成24年度の活動状況   ☆平成25年度の活動状況  
         ☆平成26年度の活動状況
   ☆平成27年度の活動状況
            ☆平成28年度の活動状況
 ☆29年度の活動状況を順次掲載します
 ●お届けしました!寄せ植えプランター  6月26日(月)

 先日植え込んだ寄せ植えプランターをお届けに行きました。これから真夏の暑さが続く酷暑がやって来ます。元気に育ってくれるものと思います。またモンゴル博物館でのオープンガーデンも展示期間を延長しています。ユリも今が盛りに咲いてますよ!

 
  オープンガーデンのユリ咲きだしましたよ          資母診療所へ
 
   モンゴル博物館へ         但東中山郵便局へ      豊岡市役所但東振興局へ
 ● 第16回奥赤あじさい祭り開催  6月25日(日)

 
                            谷間のあじさい                   但東町Nさん撮影

 恒例の奥赤あじさい祭りが開催されました。梅雨時とはいえなかなか雨の降らないのに気をもみましたが、当日はお昼までは蒸し暑く午後になるとあじさいにはうってつけの待望の雨が降り出しました。イベントなので雨降りは困るのですがあじさいにはやっぱり雨が似合いますね。
 
       
小川周辺のあじさい                公民館でお出迎え

 奥赤公民館周辺では地元の方、近隣から訪れた人など町内外の方たちでにぎわいました。空き家をお借りしての休憩所では写真・絵画・書などの作品が展示されていました。ここでは奥赤のお年寄りたちが訪れるお客様と一緒にゆったりと過ごされていました。
 一方公民館のほうでも次々にお客様がお越しです。そよ風によるコーヒー・黒豆茶、楽笑さんによる鈴焼が振舞われました。また小坂地区のボランティアさんによる餅つきは5回あり、搗きたてのお餅が振舞われました。地元産の野菜などの販売もありました。
         
茶菓でおもてなし                 サロン(休憩所)で作品鑑賞
 

      
恒例のお餅つき                      地元野菜の即売コーナー

地元のたくさんのボランティアさんが集結し、奥赤集落の住民の方との絆が繋がるイベントが無事に終了しました。祭りの後は紫陽花の花がしっとりと美しい姿で見送ってくれました。
 ●フル回転で… 6月20日(火)

 蒸し暑い天候の中そよ風のメンバーがフル回転で頑張りました。やっと梅雨の雰囲気が感じられるどんよりした曇り空です。水不足に悩まされていましたが恵みの雨が降りそうです。
 午後より夏季花苗の寄せ植え植栽作業に取り組みました。
 
      
 @寄せ植え作業                A根付くまで待っててください   
  休憩をはさんで今度は里山に仮伏せしているシイタケの原木を本伏せにする作業に汗を流しました。どうかうまくいきますように!
 
     
 B原木の本伏せ作業                 C完了しました
 
その後、軽トラにユリのプランターを積み込んで資母地区各所、但東振興局へお届けにあがりました。つぼみが順次花開いて大輪のユリが訪れる人たちの目を楽しませてくれると思います。そよ風のメンバーさん大変お疲れさまでした。
    
 
 D資母小学校へ          E資母診療所へ       Fスーパーふたばやさんへ
  
          
          G太田農産物直売所へ           H豊岡市但東振興局へ
始まりますよ!「2017モンゴル博物館オープンガーデン」 6月9日(金)

 今年も日本モンゴル民族博物館前庭でそよ風恒例のオープンガーデンが始まります。そよ風が育てたユリのプランターをお花畑に見立て案山子の子供たちが遊びママさんたちが見守っている。そんな微笑ましい光景を演出してみました。ユリの花はまだ蕾が多いのですが順次咲きだします。期間は2週間程度を予定してます。
 

          @こんな感じでどうかな?                       Aママさんたち
  
       B館長さんも芝刈り頑張って!                  C大縄跳びでピョン、ピョン
  
          Dユリの中でかくれんぼ                      E一緒にあそぼ!

            
                            Fオープンガーデン全景               
 ●いよいよフィナーレへ 4月28日(金)

 「2017たんとうチューリップまつり」も終盤を迎え、4月30日(日)にはフィナーレです。今年は天候にも恵まれチューリップもまだまだ綺麗に咲いています。
チューリップ畑も花の摘み取り作業が始まりました。球根の出荷に備え球根を太らせるためです。
 
       
摘み取り作業始まる                     花の摘み取り

 また、森の中のチューリップも綺麗に咲きそろってます。爽やかな風が吹きわたる森の中でチューリップ畑を見下ろし、コーヒーを飲みながらくつろぐのも最高のぜいたくですね!
 
       
森の中を散策しながら              森の中のカールおじさん
 
 ●「2017たんとうチューリップまつり」オープンしました(4月18日)
 
                      フラワーアート「カールおじさん」もくっきり

前日の雨も上がり天気の回復もゆっくりですが午後には晴れ間ものぞきました。
オープンセレモニーには但東町内の認定こども園の園児による「風船飛ばし」が行われま
した。会場は100万本の色とりどりのチューリップが、咲き誇り見頃になっています。

    
    
園児による風船飛ばしでオープン           玄さん、愛ちゃんも一役

 メインのフラワーアートの「カールおじさん」が展望台からくっきり見えます。
今回は累計入場者100万人記念イベントととして、フラワーアート園で「宝さがし」行われ、宝(キーホルダー)を見つけられたお客様10名に素敵なプレゼントが送られます。(期間中毎日実施)
  300種のチューリップ見本園では珍しい品種が見られるほか、チューリップ狩りや鉢植え販売コーナーには花好きのお客様がお土産にお買い求めいただきました。

    
        
宝さがし…見つかった?              チューリップ狩り

 そよ風が制作・展示した『みんな集まれ!あそぼ!』コーナーにも沢山のお客様が来られ、楽しまれます。
  

           園児と仲良しに                          
 ●「案山子据付け作業」(4月17日)
 チューリップまつリオープンの前日、「そよ風」は会場内で案山子の据付作業に行いまし た。降りしきる雨の中奮闘しました。当日夜にかけて強風、大雨が心配され案山子さんもご覧のとおりビニール袋をかぶってオープンに備えました。
今年のテーマは『みんな集まれ!あそぼ!』世代を超えて皆が集い遊べる場所があるといいですね。


           
案山子の搬入                      レイアウト決め
  
       
雨の中の作業に                        固定用のくい打ち
  
         
もう少しです                      完成しました。…お疲れ様
潟Jネカ新入社員研修  4月9日(日)〜10(月)

 今年も潟Jネカ(化学メーカー:本社大阪)の新入社員研修を資母まちづくり協議会が受け入れ、豊岡市但東町資母地区で行われました。総勢91名(新入社員79名・スタッフ12名)です。
 第1日目はオリエンテーションから始まり、その後資母地区8集落で地区住民と共に様々な作業に取り組み、昼食をともにして交流を図りました。画像は東里集落の電気柵の設置作業光景です。小雨の降る寒い天候でしたが無事終了しました。班は11名で女性も頑張って作業に取り組んでいました。
 第2日目は交流を通じて資母地区を理解し、テーマ(「日本一の田舎」「自分たちが住むなら」)を踏まえて自由な発想での提案を新入社員が地域住民に発表しました。
「そよ風」はお昼のお弁当づくりに駆けつけました


    
      オリエンテーションの様子                       区長さんより作業の説明を聞く

      
          電気柵設置作業                          そよ風もお弁当づくりお手伝い
● 「そよ風」の挑戦  3月26日(日

 「そよ風」が原木シイタケ栽培に挑戦することになりました。初めてのことなのでたくさんの人にア ドバイスを頂きながら始めました。
 今年度はまず30本から始め、うまくいけば少しづつ増やしていきたいと思います。来年の秋にはたくさんのシイタケが生えてくるのを楽しみに作業に励みました。一連の作業を終えると森にほだ木を運び仮伏せしました。
 栽培したシイタケは太田農産物直売所などで販売し、収益金は活動資金に回したいと思っています。
 
 
    @電動ドリルで原木に穴を開けます        A種ごまを差し込みます
   
      Bハンマーで打ちこみます           C原木を山の麓の中に運ぶ
            
                  Dしばらく仮伏せします

             


                  Copyright (C) 2012 Group Soyokage. All Rights Reserved                ページのトップへ戻る